記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】

記者の転職の大事なポイント

記者の勤務先と言えば新聞社や出版社など紙媒体がメインでしたので、おのずと求人数も少ない狭き問でしたが、最近ではwebメディアという選択肢も広がり、より記者を目指しやすい環境になってきています。

とはいえ、やはり一般の営業職などに比べて求人は少ないのが現状。リクルートエージェントのようなマスメディアの求人も多く扱う転職サイトを活用することが、記者の転職成功の近道です。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職業界で二強の一翼を担う『リクルートエージェント』です。転職成功実績が業界ナンバーワンで、今までに30万人の利用者を転職に導いた実績を持ちます。リクルートグループならではの営業網とパイプを駆使し、マスコミ関連の求人も豊富に集まっています。 全国各地の新聞社や放送局、出版社の記者求人も多数掲載されているので、未経験でもとにかく記者になりたいと思ったら、最初に登録する転職エージェントの1つだと言えます。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職業界で成長の著しいエージェント『マイナビエージェント』です。新卒者のエントリーでは有名な“マイナビ”ですが、転職業界では最大手『リクルートエージェント』に後れを取っているので、近年は大量の営業部隊を投入し、転職業界の勢力図を塗り替えようと積極的に動いています。 マスコミ関連の求人も多く、全国の新聞社や放送局、出版社、ウェブメディアなどの記者求人が集まっています。独占求人もあるので要チェックです!



type 無料 東京・神奈川
埼玉・千葉
詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職業界で長い歴史を持つ『type』です。業界でかなりの歴史を持っている老舗なので、同じく歴史のある企業とのパイプが太いという特徴があります。 マスコミ各社とも関係が深くて、特に関東にある新聞社、放送局、出版社、さらにウェブメディアなどの会社の求人が多く集まっています。転職支援に関するデータやノウハウもかなり集まっているので、関東周辺で記者の求人を探している人は、登録不可欠のエージェントの1つと言えます。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職業界において『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』など大手には規模も歴史も及びませんが、とにかくマスコミ業界の裏情報をたくさん知りたければ『キャリコネ』です。業界研究や希望の就職先を決める際にはかなり有力な情報を提供してもらえるので、情報源として登録しておきたい転職エージェントの1つです。 賞与や残業などの内部情報もかなり蓄積されており、記者とはどういった仕事なのかよく分かります。



DODA 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
後発の転職エージェントながら、独自の存在感を放っているDODAです。このエージェントの優れた点は、企業に届くウェブ履歴書に写真を掲載できたり、企業の採用担当者が注目する情報を大きく表示して人材の魅力度を履歴書上でアピールできたりと、書類審査の突破を全力でサポートしてもらえる点にあります。 記者関連の求人も多く集まっているので、書類審査でいつも落とされてしまうような人にとっては大注目です。



記者が希望の求人を見つけるには?

新規大学卒業者が記者になるためには、就職活動を通じて入社試験を受験し、厳しい競争を勝ち抜かなければいけません。特に全国紙の記者職になると、50倍から100倍の競争倍率の試験を突破しなければいけないと言われているので、それなりの難易度があるかと思います。

しかし一方で、記者になった人間が仕事や業界の展望に対する限界を感じて転職をしたいと思ったとき、どういった転職先があるのでしょうか? あるいは全くの異業種で社会に出たものの、記者の世界に憧れて転職をしたいと思ったとすれば、応募可能な求人はあるのでしょうか?

そこで今回は、現役の記者やマスコミ各社の求人情報、転職エージェントが抱える転職情報を参考に、記者の転職について考えてみたいと思います。

■現役記者の転職先は少ない
まず、現役で記者として働く人の転職について考えてみますが、異業種に関しては記者の転職先は少ないと覚悟しておいた方がいいです。記者は専門性が高い仕事なので、取材のスキルと独自の人脈を持ってさえいれば、もちろん同じ業界内の他社に移る方法はあります。

しかし異業種となると行き先は一般企業の広報室くらいですし、求人数もそれほどあるわけではありません。記者職の待遇を維持したまま異業種の会社に移ろうとすれば、なおさら厳しいと言えるのかもしれません。つぶしの効かない職業なので、全てを受け入れて今の仕事で頑張るという選択肢もありなのかもしれません。

一方で異業種・既卒・未経験の状態で記者を目指す場合も、道のりは険しいといえます。そもそも記者の中途採用求人がたくさん出回っているわけではありません。 NHKの地方局が募集する契約記者や業界誌の記者など、未経験でも応募が可能な求人は不定期でありますが、数が圧倒的に少ないです。また、応募できる求人が見付かったとしても、未経験なりに何かしら特別な能力がない場合、採用は厳しいといえます。

■ウェブ媒体の求人が増えている
ただ最近は、ウェブ媒体という選択肢も出てきました。新聞の売り上げが落ちて久しく、毎日新聞や産経新聞などの全国紙であっても経営的に苦戦している現代ですが、一部のウェブメディアは活況です。

IT企業や出版社が運営するポータルサイトやウェブマガジンに文章を書く人材のニーズが高まっているので、現役の記者の方にも、あるいは未経験で異業種から転身を考えている人にも、市場が成熟しきっていない今だからこそチャンスかもしれません。 この手の求人は大手の転職エージェントを使って探したり、自分でインターネット上で探したりと、いろいろなルートで見付かります。記者未経験の人は特にウェブ媒体の仕事も念入りにチェックしてみるといいかもしれませんね。

以上、現役の記者、あるいは異業種から記者に転身したい人が希望の求人、転職先を見付けるための考え方をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 

ちなみに現役の記者の方は、一度仕事を辞めた状態で転職活動を始めると状況は厳しくなります。あくまでも働きながら、仕事探しを行ってください。 一方で未経験の人は、業界紙、ケーブルテレビ、地方局の契約記者、ウェブ媒体など、未経験でもチャレンジ可能な求人を探して頑張ってみてください。その手の求人は転職エージェントにも集まっているので、一括して探してみてもいいと思います。


Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.