記者の種類

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の種類

記者の種類

日本においては、記者という職業には細かい規定はなく、何らかのメディアのために取材を行い、記事を書いたりコメントを出したりする人はみな記者という仕事に就いているとみなされます。代表的な記者の種類としては、新聞社や週刊誌、雑誌などの紙媒体のメディアの記者がいます。こうした企業に勤める記者は、組織の一員として取材活動を行い、企業のパワーを利用して取材を有利に進める傾向があります。組織の中の勤め人であるという立場から、個人の信念や立場に立って取材を進めることよりも、企業の方針に従った活動を行うことが多くなるという特徴もあります。企業人である分、雇用は安定していて給料も恵まれた状況にあります。

一方で、個人でジャーナリストとして活動する記者も多くいます。特定の分野に特化したジャーナリストが多く、経済関連の取材をメインにする人もいますし、戦争や地域紛争などを専門に取材する人もいます。こうしたフリージャーナリストは、写真や動画を撮り、それぞれの分野における記事を書き、その記事ごとに新聞社やテレビ局に報酬をもらうという形で生計を立てています。誰もが欲しがるような取材内容をものにすることができれば、高収入を得ることもできますが、一般的にはあまり高い収入を得ることはできず、不安定な状況に置かれています。しかし、こうしたフリージャーナリストの多くは、雇用の安定性よりも、仕事への情熱の方が大事だというスタンスを持っているものですので、より注目度の高い情報を求めて日夜走っています。

また、IT化が急速に進むこの現代社会においては、紙媒体もしくはテレビのための取材ではなく、インターネット上でのみ活動を行っている記者も存在します。インターネット放送のための記事や動画を集めたり、個人でチャンネルを持っていたりします。今のところは、大きな収入を得られるようなシステムは出来上がっていませんが、これから伸びる分野だとされていますので、インターネットに特化した記者活動を行う人が増えています。

このように、記者と一口に言ってもたくさんの種類があり、働き方やその雇用形態も様々なものがあります。雇用の安定性を求めるのであれば、新聞社やテレビ局、雑誌社などに勤めるのがベストですが、自分のやりたいことを求めて仕事を探すのであれば、フリージャーナリストという道がベストでしょう。自分のやりたい仕事の方向性と、現実的な収入などを考慮して進むべき道を見つけるようにしましょう。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.