記者の1日の流れ

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の1日の流れ

記者の1日の流れ

  記者の1日の流れは政治部、社会部など分野ごとで、国際部であれば時差の関係で、また、朝刊・夕刊いずれを担当するかなどによってさまざまですが、代表的な記者の1日を見てみます。出勤時間は特に定められておらず、だいたい午前9時〜10時の間に各産業界の記者クラブに直接出勤し、1日の予定を記載したボードを確認して自分の行動を計画します。午前中に記者クラブから何らかの発表や説明があるので、それをもとに作成した原稿が夕刊用の記事となります。その後、昼食となりますが、その間も各社のクラブ責任者などと情報交換をしながら食事をする場合が多く見られます。

午後になると、再び記者クラブより発表や説明があるので、適宜質問をしながら聞いて原稿を作成していき、これは朝刊用の記事となります。また、必要に応じて関係者のもとに出向いて取材などを行い情報や資料を手に入れます。これらの原稿は、ニュースの際に読まれる他、新聞や雑誌などのコラムになる場合もあります。取材は、記者クラブからの発表や説明では十分に明らかにされない、関係者の本音ともいえる部分を聞き出すためのものです。関係者も一人だけではなく数名に当たってみることで、出来事の本質が明らかになってくるものといえます。例えば、一つの企業で起こった出来事であっても、当事者である企業の社長や現場の担当者の話しだけではなく、ライバル企業や大株主などの話しを聞きだすことによりさまざまな情報が得られ、次第に本質が見えてくるものなのです。

午後の取材は、だいたい夕方の5〜6時ころには終了となります。再び記者クラブに戻った後、管理者であるキャップや本社などと打ち合わせをすると、6〜7時ころから記者懇談が始まります。記者懇談は、省庁の重要案件について官房長官などの説明が行われる場で、案件が起こった背景を知る貴重な機会となります。また、民間企業であれば社長などの懇談が行われます。案件の重要度によってはその後、関係者の自宅などに出向いてさらなる取材を行い、平均すると午後10時ころに帰宅となりますが、遅くなれば深夜にまで及ぶこともあり、この時間の取材を業界では「夜射ち朝駆け」などと呼んでいます。時間的にも大変厳しい内容となりますが、深夜の取材は貴重な情報が得られる頑張りどころといえます。記者が作成した原稿は、基本的にはすぐさまニュースとして読まれたり新聞紙面に掲載されたりするので、取材した内容を速やかに原稿にする能力が求められるといって良いでしょう。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.