記者の面接対策

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の面接対策

記者の面接対策

記者の就職先として主なものは、新聞社が挙げられます。新聞社の人気は高く、たくさんの応募が集まりますので、激しい競争を勝ち抜かないと採用を勝ち取ることはできません。そのために、しっかりと面接対策をしておく必要があります。学歴や採用試験の成績なども採用の可否に影響しますが、面接での印象というのはとても重要な要素です。会社によって面接で聞かれることや重要視されることは違いますので、事前に情報を集めてどのような内容となるのかをイメージしておくと良いでしょう。

しかし、一般的に自分の熱意を伝えたり、記者志望者ならではの質問をされたりすることが多いので、こうした事態を想定して準備しておくことができます。多くの会社では、二次から三次まで面接を行い、いろいろな資質を面接を通して確認します。たとえば、記者となるためにどれほど社会や一般教養に通じているかということが尋ねられるケースがあります。最近起こった社会的に大きな事件の感想を尋ねられたり、外国で起きていることについての詳細を質問されたりすることもあります。それで、面接が近づいて来たら、しっかりと時事ニュースを確認するようにして、どんな質問にも対応できるようにしておきましょう。

また、自分に関係する出来事についてのコメントを短くまとめたり、過去に起きたことで印象深かったことについて、短時間で説明するように求められたりすることがあります。こうした質問は記者としての能力を直接問うものとなりますので、多くの会社で重視するものです。ここでのポイントは、単に面白おかしくストーリーや感想を語るということよりも、誰に対しても分かりやすく明快に話をまとめるということです。記者として重要なのは、事実を明快かつ簡潔に伝えることですので、よりシンプルに話した方が良い印象を与えられるでしょう。

そして、面接では自分の記者という仕事に対する熱意を伝える機会ともなります。単に感情をこめて語るということではなく、気持ちが分かりやすく伝わるように、構成をきちんとまとめることが大事です。面接官は何百人という志望者の面接をしていますので、他の人と違う何かを面接を通して伝える必要があります。そのためにも、具体的にどうして記者になりたいと思うようになったのか、そのエピソードを分かりやすくまとめておくようにしましょう。そして、記者としてどのような仕事がしたいのかも、ある程度具体的な内容にしておくことがとても重要です。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.