記者の志望動機

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の志望動機

記者の志望動機

記者の志望動機は、いろいろな切り口があるので、文章が得意な記者志望の人でも迷ってしまうケースは多々あるのではないでしょうか? 実際、記者職に内定した人の志望動機を見ても、共通性は見当たらないというくらいバラエティー豊かに書かれています。

それでも何か指針となるような共通項があれば志望動機の作成に生かせるはずなので、今回は記者の志望動機をまとめる際の基本的な考え方を学んでみたいと思います。

■「伝える仕事をしたい」がベース
冒頭でも確認したように、記者職の志望動機はいろいろな表現の仕方があるかと思います。実際に採用された人の志望動機をチェックしてみてもさまざまな内容が書かれていますが、基本的に “伝える仕事をしたい”という思いはベースとして語っておきたいです。

新聞記者であろうとテレビの記者であろうと、雑誌の記者であろうとウェブ媒体の記者であろうと、現場で見聞きした内容を文章や写真、映像で伝える仕事に変わりがありません。伝えるという行為に興味関心がなければ務まらない仕事なので、志望動機の中でも必ず触れておきたいポイントだといえます。実際、大手新聞社の採用担当者もインタビューの中で 「記者に向いている人は伝える仕事が好きな人」 と語っています。

■「伝えたい気持ち」に具体性を持たせる方法とは?
ただ、単に伝える仕事をしたいという動機だけでは不十分です。例えばA新聞社を志望するのであれば、なぜA新聞社でなくてはならないのか、Bケーブルテレビであれば、なぜBケーブルテレビでなくてはならないのか、 個別具体的な理由も併せて書く必要があるので、その意味で企業研究も欠かさずに行ってください。 最低でも応募するメディアなり媒体は熟読をして、履歴書や面接でも具体的な話ができるような準備をしておいてください。

以上、記者の志望動機のまとめ方について触れてみましたが、いかがでしたでしょうか? 実際に内定を受けたり採用されたりする記者が書いた志望動機はさまざまなので、一概には理想的な志望動機は定義できないと語りました。

ただ、記者職はどの媒体であったとしても“伝える”という仕事である点には変わりがないので、志望動機には伝える仕事をしたいという熱意は記しておく必要があります。

しかし、「伝える仕事をしたい」という志望動機だけではあいまいなので、各メディアを研究して、なぜ○○の媒体で伝える仕事をしたいのかを研究してみる必要があるとも説明しました。

それらのポイントを志望動機に落とし込めばそれなりの内容にはなります。あとは持ち前の文章力で上手にまとめてみてください。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.