記者の自己PR

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の自己PR

記者の自己PR

記者に限らず、自己PRが苦手な人は意外に多いかと言います。自分をアピールするというよりも、謙遜を習慣とする日本人は特に自己PRに苦手意識を持っているのではないでしょうか? そこで今回は、実際の記者、記者を採用する企業の側、あるいは転職エージェントの情報などを参考に、記者の自己PR方法を考えたいと思います。

■実務経験が全て
まずは現役の記者、あるいは記者経験のある人の自己PRを考えますが、基本的に現役記者の自己PRは実務経験を中心にまとめていくといいと言います。新卒で記者になろうと思った場合は、自己PRといっても学歴や学生時代に頑張った経験、自分の特別なバックグランドなどを語るしかありませんが、既卒で記者経験がある人、あるいは現役で記者の人であれば、実務経験が全ての勝負の分かれ目になります。

新聞社賞を取ったような経歴があれば理想的ですが、なかったとしても自分の能力をアピールできる仕事はあるはずです。その実務経験を中心に自己PRを組み立ててください。どれだけの人脈を持っているかも採用を左右するポイントになります。

例えば新聞社ではなく、ウェブメディアで記者経験がある人は、観覧者数やソーシャルメディアの取り上げられ方などの数値がはっきりと出ていたはずです。その数も自己PRの一つになります。 新聞社であっても雑誌社であってもウェブ媒体であっても放送局であっても、どこかで実務経験があれば何かしらPRできるネタがあるはずです。その話題を中心にPR内容を組み立ててください。後は持っている人脈の多さで決まるはずです。

■未経験者は、採用側がどんな人材を欲しているかを調べる
では実務経験のない人、未経験・異業種で記者になりたいと思っている人は、どういった自己PRをすればいいのでしょうか? 

仮に未経験で記者職に応募する場合は、マスコミ各社がそのときにどんな人材を欲しがっているのか、そのあたりに最初に目配せをする必要があります。 例えば新卒至上主義の新聞社、放送局が中途採用で未経験可の記者を募集する以上、何かを期待して募集を掛けているはずです。未経験者は、その企業の本音を探る必要があります。何か特定の分野に強い人材を求めている、あるいはどこかの業界に人脈を持っている人を求めているなど、何かしらの本音があるはずです。

その本音の部分を知った上で自分の誇れる実績、人脈を並べ、何かが合致するようならその部分を中心にPRをしていけばいいのです。企業が何を求めているのか分からない、なぜ人材を募集しているのか本音の部分が分からない場合は、転職エージェントなどを利用して調べていく方法もあります。

以上、記者の自己PRについて考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 記者経験のある人、ない人でやはり戦略は違うのですね。ぜひとも参考にしてみてください。 

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.