記者の退職金相場

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の退職金相場

記者の退職金相場

記者の給料体系は、勤める会社によってかなり異なっていて、年収水準にもばらつきがあります。中でも、退職金の基準は大きな差が出やすいところで、企業によって相当の違いがあります。もちろん、どれだけの年数勤続したか、最終的にどの役職に就いていたか、早期退職制度に応じた退職なのかなどによっても差が生じますので、一概に決めることはできません。それぞれの会社で、ある程度の退職金に関する規定を公表していますので、募集情報をチェックするときに一緒に調べてみると良いでしょう。

このように、大きな違いがありますが、ある程度の退職金相場というものがありますので、参考にしてみることもできます。勤続20年程度でデスクなどの役職に就いてないケースでは、大手企業で500万円以上の退職金がもらえることがあります。これに役職付き、早期退職制度に応じたなどの条件が付くと、数割の退職金アップとなります。退職金の支給基準は会社でしっかりと規定されているとはいえ、それぞれのケースで異なることもありますので、あくまでこうした退職金相場は目安程度であるという認識でいる方が良いでしょう。

退職金という制度は会社の義務ではありませんので、実際には支給しなくても問題がないということになっています。そのため、会社によって支給金額に大きな差が出るのです。それだけ、それぞれの会社で社員への利益還元についての姿勢が明確に見られる分野となります。福利厚生の制度が充実していたり、社員の職場環境を向上させようと努めている会社は概して退職金基準も高く、手厚い支給がなされます。就職先を決める時には、しっかりと社員へのケアの状態についても確認するようにしましょう。

退職金についての注意点としては、ある程度の勤続年数を重ねないと支給されないということです。多くの企業では、退職金が支給される最低年数は3年と定められています。5年が最低年数となっているところもありますが、全体の中では少数です。もちろん、この基準も特に法律などで定められているものではありませんので、企業によって差が出るのは仕方がありません。

転職もしくは就職するときに、退職金のことまで考えて勤務先を決めることはあまりないですが、退職金の制度は会社の社員についての考えが現れやすい分野でもあります。こうした情報を取りいれて、転職先を決める際の基準にすることもできるでしょう。仕事をするからには、働きやすく快適な環境で毎日の仕事を続けられるところを選ぶことはとても重要です。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.