記者の副業

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者の副業

記者の副業

  公務員に代表されるように一般的な企業に勤める会社員であればたいていは副業が禁止されていますが、記者の副業は認められていることが多くあります。もちろん、本来の取材行為や執筆作業といった業務に支障が出ないことが条件であり、記者の勤め先に損害をもたらすものであってもいけません。特に、記者という職業は、世の中をおびやかすような大きな事件が勃発した際には、昼夜問わず長時間の過酷な取材が必要となるものです。しかし、局長などの許可を得た上であれば、勤め先と関係のない雑誌に寄稿をしたりメディアへ出演したりすることは比較的自由にできると言って良いでしょう。大事件が起こった際にワイドショーのコメンテーターとして記者が出演しているシーンをよく見かけますが、これらも記者の副業の一つなのです。

記者という仕事は、担当分野に長いこと携わっていれば自ずと専門知識が備わってくるものです。そのような深い知識や高度な取材力といったものをメディアが注目し、ワイドショーのコメンテーターとして出演のオファーが来る場合もあります。また、副業の依頼を積極的に受けることは、記者にとっても望まして結果をもたらすことになります。もともと専門としている分野とはいえ、出演をきっかけとしてより詳しく調べることもあるでしょうし、それにより知識の見直しをすることもあるでしょう。そして、いつもとは違う視聴者層に向けて物事を説明しようとすることは、より一層幅広い表現方法が身につけられるといえるのです。このように、さまざまな角度から専門的な知識をより深め、幅広い表現が見につく副業は、本来の業務にも役立てられるといえるでしょう。

もちろん、本来の業務に支障が出ないのであれば全く違った業種の副業をするのも、記者にとっては大いに歓迎すべきことといえるかもしれません。記者という職業柄、この先、どのような分野に配置転換されるかわからないことを考えれば、いつどのような時に副業で培った知識が役に立つかわからないからです。異業種で活躍する人々と交流することは、他の職業に従事する人々同様に自分の本業に幅を持たせてくれるでしょう。また、同じ分野で活躍し続ける上でも、常に幅広い視野を持つことは違った視点から物事を捉える際には大変有益なことであります。スクープをモノにするための取材力や読み手の心をつかむ筆力といった記者にとって不可欠なスキルを上げるためにも、副業は大変有効であるといえるのです。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.