記者に多いストレス・悩み

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者に多いストレス・悩み

記者に多いストレス・悩み

記者の仕事は社会的な意義が強く、やりがいを感じられる仕事ですが、同時にストレスを抱えたり、悩みを持ったりすることも多いので、上手に仕事のバランスを保っていかなければなりません。記者に多いストレス・悩みとしては、思ったようにネタを拾えないということが挙げられます。記者としての仕事の本分は、世の中で起きていることを人々に伝えるとともに、他のメディアより先により正確なニュースを伝えることにあります。

ここで激しい競争が生じ、いかに早く良いネタを拾えるかどうかで、それぞれのメディアのレベルが問われることになります。もちろん、誤報があってはなりませんし、いい加減な情報に基づいて記事を書くようであってはなりません。そのプレッシャーというのは、記者にとっては大きなものとなりますので、時に強いストレスを感じることもあるのです。

また、どうしても記者は勤務時間が不安定になりがちで、仕事に追われてしまうという状況が続きます。自分のプライベートの時間をきちんと取り分けることはもちろん、家族のための時間を取ることも難しくなります。そのため、家族との間でトラブルが生じることも少なくありません。仕事に集中することは素晴らしいことですが、家族のために時間を取ってあげることも重要ですので、このバランスを上手に取るために多くの記者は苦労を重ねていると言えるでしょう。どちらも同時にバランス良く行えれば最高ですが、なかなか記者という仕事をしていると難しいこともあります。これから記者としての人生を歩もうと考えている人は、こうした現実についても理解しておく必要があるでしょう。

さらに、記者は取材の大変さから生活がかなり不規則になりがちです。特に、重要な取材対象、出来事を追っている時は、寝る間もまともに食事を摂る時間も取れなくなります。そのため、どうしても健康を意識した生活を送るのは難しくなり、体調が乱れてしまうことになります。生活習慣病になりやすい仕事の一つとも言えますので、十分に気をつけながら仕事を続けていく必要があります。体が資本の仕事でもありますので、食事や睡眠などの生活習慣をしっかりと考えて、長く仕事を続けていけるようにしましょう。

このように、記者という仕事にはいろいろなストレス・悩みが伴います。もちろん、それを上回るやりがいや仕事の楽しみがありますので、常に強いモチベーションを保って働くことができるでしょう。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.