記者になるには

記者求人TOP >> 記者転職の基礎 >> 記者になるには

記者になるには

  記者になるのに特別な資格は必要ありませんが、ほとんど企業の入社試験で4年制の大学か大学院を卒業していることを受験資格としているので、早いうちから進学プランを立てておくと良いでしょう。大学によっては新聞学部・新聞学科などが設けられているところもありますが、学部や学科が受験資格で問われることはありません。ただ、政治学部や社会学部などで学ぶ知識は、記者の仕事に役立つことが豊富にあるといえます。また、専門分野の知識を豊富に持つ学生を採用する傾向にある会社も多いことから、何か一つ武器になる得意分野を持っていることが強みになるといえます。ジャーナリストとして活躍したいのであればメディア系の学科、といった具合に目指す分野によって学部を選ぶことも有利になる場合があり、特に外国特派員などを目指しているのであれば、英語の他に中国語やロシア語、フランス語、アラビア語などを習得しておくと良いでしょう。

採用試験では、一般常識として非常に幅広い分野から出題される上、それぞれにおいて高い専門性を持っているかどうかを試されます。採用人数も決して多いと言えるものではなく、高い倍率となることがほとんどです。記者を目指すのであれば、大学に設けられているマスコミ研究会、ジャーナリズム研究会といったサークルに積極的に参加して難関の試験に向けて準備することが望ましいといえます。このような場に数年間学ぶことは記者になるためにはとても大切なことといえ、時には先輩記者を招いて実地での話しを直に聞いたり、採用試験に出される論文作成を指導してもらうなどすると良いでしょう。

記者という仕事は、たくさんの人から話を聞きだし必要なデータを集めてくるだけではなく、集めたものから真実とは何かということを突き詰めていく取材力が必要になります。同時に、取材をしてきた結果を自分で分析して記事として完成させるには、一定の思考力や文章力も養われていなければなりません。読者にとってわかりやすい記事に書き上げる筆力が必要となるのです。晴れて記者に採用された後も、どのような分野を担当するかはわかりません。この点を考えても、幅広い知識を持っていることが記者生活には有利に働くものです。さまざまなことに好奇心を持ってアンテナを張り巡らし、自ら学んでいこうという姿勢を持つことは記者としてとても大切な資質といえるでしょう。同時に正義感を持ち公正中立を意識することも必要です。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.