第二新卒okの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 第二新卒okの記者求人

第二新卒okの記者求人

  新聞社などに勤める記者は人気の高い職業ですが、人気の割には多くの求人があるとはいえず、大手ともなると倍率は100倍を超すといったことも珍しくありません。記者になるのは新卒でもやや厳しい状況となる中、第二新卒にとっては非常に狭き門ともいえるでしょう。しかし、書籍の企画編集者などの職種であれば、学歴は大卒以上としている点は変わりないものの、比較的第二新卒や未経験者でも採用試験を受けるチャンスがあります。記者を本気で志しているならば、まずは編集者としての経験を積み、その内に原稿を作成する業務への道が開けることもあるでしょうし、晴れて記者となった暁には編集者業務が多いに役立つことは言うまでもありません。

また、例えば旅行会社のWEB情報サイトに宿泊先の紹介文を掲載する仕事なども、比較的第二新卒を採用しているといえます。このような会社では未経験者でも可能なところが多く、業務経験よりも旅行が好きということが大切な条件になってきます。自分が旅行するにあたり宿泊先を選ぶ際にどのような点に注目するか、どんなメリットがあるとその宿泊先を選ぶのか、といったことは実際に旅行をしている人にしかわからないことといえるでしょう。宿泊先の紹介文は、キャッチーな広告文や画像も挿入し、自分のアイディアを大いに盛り込めることもこの仕事の特徴の一つで、自分をアピールしたいと考えている人にもぴったりな職業です。必須条件としてはExcelやWordなどのパソコン基本操作が一通りできることという場合が多くありますが、画像のリサイズなどの作業もあるためPhotoshopなどの操作も身に付けられます。そして一番大切なことは、旅行を考えている読者が、サイトの文章を読んでワクワクするようなページを作れることです。一生懸命作ったページが大きな反響を呼ぶなどすれば、記者として大きなやりがいを感じることができるでしょう。

しかし、新聞記者の第二新卒採用も狭き門とはいえ全くないわけではありません。ハローワークや転職エージェントなどで求人情報を日ごろからこまめにチェックしておき、大手だけではなくブロック紙や業界紙、フリーペーパー、ケーブルテレビといった競争倍率が低めな中小規模の会社の記者を目指してみるのも一つの方法です。この場合、小規模で知名度がない分、求人情報も広く知れわたることも少ないので、さまざまな媒体を利用して情報収集することがポイントです。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.