20代向けの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 20代向けの記者求人

20代向けの記者求人

  20代で記者になることを目指すなら、未経験の方が多いでしょう。新卒・第二新卒で記者が志望の場合、最初は大都市圏ではなく地方での勤務を命ぜられるケースもあります。若さは体力につながりますから、この時期に厳しい現場に慣れておくことも、その後のキャリアアップになると考えて、前向きにチャレンジすることも必要です。もしも就職を考えてビジネス専門学校に行くなら、マスコミ学科などを選択すると取材や編集などについて学ぶことができ就職に有利になります。

また、インターンシップ制度のあるところなら就職前に現場を肌で感じることもでき就職までの貴重な時間を大変有意義に過ごせます。記者になるのに必要な資格は特にありませんが、例えば英会話が得意であれば電話で遠い国への取材も容易にでき、書ける原稿が大幅に増えていくものです。就職後の仕事に広がりが生まれると言う点では、他の職種と同じといえるでしょう。ただし、顔が見えない電話でも意思の疎通が十分にできるレベルの英語でなければ実際には役立たず、就職前に学校に通って身に付けるといった簡単なものではありません。

起こった事件に対して取材をして原稿を書き上げていく記者という仕事は、数ある職業の中でも人気の高いものの一つといえます。現実的には、担当部署によっては勤務時間が早朝から深夜にまで及ぶことも多く、突然起こる事件に休みを返上しなくてはならなくなることも少なくありません。しかし、ハードな勤務をこなせるのもやはり20代という若い世代ならではといえます。この年代のうちに見ず知らずの土地に行ってハードな勤務をこなすことは、後に本社勤務となった時に非常に役立ってくるともいえるでしょう。30代、40代と働き盛りと言える世代になった時に、若かりし頃に培ったハードな経験がものをいうのです。

また、20代の若いうちは、何事にもやる気に満ちた大きなエネルギーを持っているものです。面接の際には、そんなあふれんばかりのエネルギーを前面に押し出してみることがポイントです。例え経験が全くなくとも、社会経験がほとんどなくても、若々しいエネルギーはハードな勤務をこなせるだけの魅力ある逸材と面接官には映るものなのです。難しい取材にも粘り強く食いついていくエネルギーは、時として豊富な経験をさえ上回ることもあるでしょう。記者の資質として大切な、常にアンテナを張り巡らし、さまざまなことに好奇心を持ち続けるということも若さならではといえるのです。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.