30代向けの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 30代向けの記者求人

30代向けの記者求人

  30代であれば、一般紙などでも記者の募集を行っています。記者経験のある人の場合は、35歳前後までなら十分採用される可能性が出てきます。しかしほかの業界で仕事をしてきて、異業種転職をするために記者求人を探している時は、30歳くらいまでが未経験で採用されるギリギリのラインになります。30歳を超えて異業種転職をする場合には一般紙ではなく、他の方法からも検討してみてください。

一般紙の他にも、各業界で読まれる業界紙があります。自分が今まで仕事をしてきた業界のメディアがないか確認してみましょう。意外と一般には知られていないものの、マニアックな情報を発信している業界紙は存在しています。例えば今までファンド会社で仕事をしてきて、心機一転記者になりたいと思っているなら、金融系の業界紙をチェックすることです。これなら自分が今まで培ってきた知識や情報を生かして記者活動ができます。一般紙だと30歳が未経験者のギリギリラインと説明しましたが、業界紙で仕事をするなら、もう少し遅くても採用される可能性があります。

その他には通信社に転職する方法もあります。通信社で場況担当の記者であれば、30代で記者経験のない人でももぐりこむことは十分可能です。場況記者であれば、それほど鋭い取材力を要求されませんし、筆力も問われないですから未経験者でも仕事をとれる可能性があります。ただし、そこからデスクに出世できるかどうかはわかりません。デスクに配属になる人は、若いころから現場で記者活動をしている人の方がほとんどです。このようにまずできる仕事に就いて経験を重ね、ジャンプアップ可能な職場があれば、そちらに転職する方法でキャリアアップしていきましょう。

ただし異業種転職をする場合には、安易な決断は避けるべきです。もしマスコミに転職することになれば、おそらく今までのキャリアはいったんリセットする形になるでしょう。記者に転職をして、やっぱり肌になじまなかったからといって、元の業界に戻れる保証もありません。異業種転職するには、多少のリスクも背負わないといけません。何が何でもこれからの人生は記者にかけてみたいというのなら問題ないのですが、やはり慎重に決断をした方が良いでしょう。30代であれば、記者の求人もそれなりの数がありますから、まずはどのような待遇で募集が出ているのかチェックしてみてはいかがでしょうか?そこから転職を真剣に検討するか判断しても遅くないはずです。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.