40代向けの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 40代向けの記者求人

40代向けの記者求人

  一般的に転職というと、35歳くらいまでが一つのラインと言われています。40代になるとなかなか求人情報が見つからないのが実際のところで、記者求人に関してもそうです。30代くらいまでであれば、けっこう募集も出ていますが40代になるとなかなかヒットする求人は見られません。しかしそれでも細かく情報収集すると、40代でも応募できるような求人がちらほら出てきます。40代の記者求人は、一般紙で出ることは少なくなります。出たとしても、その大半が経験豊富で即戦力になるような記者を対象にした求人です。

一般紙ではなく、いわゆる業界紙に目を向けてみると40代でもOKの記者求人が時折出ています。もしほかの業界でキャリアを積んできた人であれば、自分が今までいた業界の新聞にターゲットを絞って見ると良いでしょう。これなら自分の経験を生かして活躍できます。しかし稀に業界経験や専門知識不問の求人が掲載されることもあります。文章を書くことが好きであれば応募できるような求人も、数は少ないものの出ています。ただしこの場合でも、オフィス系のソフトを使いこなせることが条件となります。少なくともワードやエクセル、パワーポイントは使いこなせないといけないと思ってください。

40代で記者求人に応募する場合、まずは自分のアピールポイントがどこにあるかを検討しましょう。記者経験のある方なら、その経験をアピールすると良いでしょう。記者経験のない人でも、何かものを書いた経験はありませんか?例えば、BtoCの制作物を手掛けたことがあるとか、会社向けの制作物に関わった経験があるなどです。そのような経験でも物書きとして、十分アピールできます。仕事でそのような物書きの経験が一切なくても、ブログをやっていませんか?あるいはSNSに投稿した経験はありませんか?このようなこともアピールポイントに成り得ますから、一度自分の物書きとしてのキャリアを点検してみてください。中途入社の場合、スキルや経験を考慮して給料が決められます。上のようなアピールをすれば、多少給料に反映される可能性も期待できます。

記者というと、かなり仕事がハードではないかと思っている人もいるでしょう。しかし中にはそれほど体に無理を強いることのない求人も見られ、残業が月20時間以内で、ワークライフバランスの取りやすい仕事を募集していることもあります。興味の持てそうな、気になる求人情報がないかまずは情報をチェックしましょう。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.