50代向けの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 50代向けの記者求人

50代向けの記者求人

  記者求人というと、35歳が年齢の上限というのが暗黙の了解になっています。年齢不問と書かれている案件でも、35歳を一つの基準としている求人もしばしば見られ、大手マスコミや全国紙などにその傾向が強く表れます。ですから50代で記者求人を見つけるとなると、大手の通信社やマスコミは厳しいと思っておいてください。よほどの経験と実績があれば、役員待遇などで採用される可能性はあるかもしれません。ただ大手のマスコミで記者の転職は厳しくても、マイナーな会社であれば、本当に年齢不問の募集も出ています。

具体的には一般にあまり知られていないような業界紙を発行している新聞社、またはテレビ局でもケーブルテレビのような所では年齢不問で求人を出していて、条件次第では50代の方でも採用してくれることもあります。50代になってどうしても記者をやりたいと思っているのなら、このような中小のメディアをチェックしてみると良いでしょう。

記者のようなメディア関係の求人は、とても人気があります。このため、大手の通信社やマスコミになると、倍率もかなり高くなっています。全国紙になると、募集が出ても100倍を超える倍率を連発することもざらです。こうなると何段階も試験を実施して徐々に候補者を絞り込んでいき、最終的に採用する人材を決めることになります。ただこれはあくまでも大手のマスコミの場合に限られます。上で紹介したような、小規模のマスコミやメディアであれば、それほど応募者も多くありません。知名度で劣るため、広く求人情報が出ないことが関係しています。

50代の方が記者求人を探すときには、給料などももちろん気になるかもしれませんが、他にも注意すべきポイントがあります。それは、残業です。大手の新聞社になると、連日夜の10時とか11時までの勤務などは当たり前です。このような長時間労働が続くと、50代くらいの中高年だときついはずです。メディアというと長時間残業が当たり前といったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、くまなく見てみると、残業の比較的少ない募集も見られます。例えば農業の業界紙などを見てみると、農家の方は朝早く仕事に出て夜は休んでいるため、仕事も早く終わる傾向にあります。午後6時には仕事がきっかり終わるところもあるほどです。

50代になれば若い頃のように、体も無理がきかなくなるものです。そこで無理のない範囲で記者の仕事のできる募集を探す視点も求められます。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.