経験者採用の記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 経験者採用の記者求人

経験者採用の記者求人

  記者は専門職なので、一度きちんとした取材力や人脈を手に入れると、その後の転職は(同業他社に限り)かなり楽になると言われています。ですが実際に求人を探すとなると、どういったルートで探せばいいのでしょうか? そこで今回は経験者採用の記者求人の探し方を、元記者や各通信社の求人情報、あるいは転職エージェントの情報を参考に考えてみたいと思います。

■経験者採用の記者求人
大前提の話として、経験者採用の記者求人は、普通にあります。基本的に中途採用で新聞社やテレビ局、ウェブメディアが記者を募集する場合は、経験者を求めます。

未経験者歓迎と求人票に書かれていたとしても、結果を見てみるとたいていの場合は経験者が採用されています。よほどの理由がない限り経験者が採用されると思った方がいいかもしれません。 では実際にどういったルートで仕事を探せばいいのでしょうか? 現状で記者として働いている人は、第一に自分の人脈を使って仕事を探すといいかもしれません。

その他のルートとしては、『リクルートエージェント』など大手の転職エージェントにも求人は出ます。新聞社やテレビ局、出版社に加えて大手ウェブメディアの記者求人も会社の大小関係なく出ているので、登録してチェックしてみると、自分の人脈を超えた部分で出ている求人が引っ掛かってくるかもしれません。

■転職は3回まで
経験者が圧倒的に有利な記者の世界ですが、転職回数が多過ぎると残念ながら行き場を失ってしまいます。例えば新規卒業者として新聞社に入社し、その後10年間で3回も転職していれば、採用担当者から「業界に向かない人材だな」と考えられてしまいます。

特に同じ業界内で転職を繰り返すと、狭い世界なので次第に行き場を失います。転職の回数が増えるほど人材の魅力度も落ちていくので、そのあたりには十分に注意してください。

以上、経験者採用の記者求人の探し方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 繰り返しますが、記者の募集があった場合、経験者が圧倒的に有利みたいですね。特に自分の人脈や取材ノウハウがしっかりとできあがっている人であれば、当面は転職先には困らないと思います。 だからといって思い上がって転職を繰り返してしまうと、今度は業界の中で生きられなくなります。フリーランスになる以外に道はなくなってしまう場合もあります。 そのあたりは十分に注意して、キャリアを作っていってください。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.