休みがとりやすい記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 休みがとりやすい記者求人

休みがとりやすい記者求人

  一般的にいえば、記者という職業は朝早くから夜遅くまで取材に明け暮れ、休みも返上で原稿作成をしている多忙な状態をイメージしがちです。しかし、20〜30年前と比べれば現在は休みも取りやすくなっているといえます。最近では求人誌に週休二日制を謳っている会社も珍しくありませんが、新聞社などでは休刊日以外は毎日新聞の原稿を作らなくてはなりませんので、交代で休みを取るのが現状といえるでしょう。世間一般の人々が休みを取る土日祝日に休めるとは限らず、また、大きな事件が発生すれば休日であっても勤務する必要が出てくるのです。

記者にはさまざまな部署がありますが、休みが取りやすいという点からいえば、文化部や生活部、見出しやレイアウトなどを整理する内勤などを希望すると良いでしょう。このような部署であればたいてい朝出勤して夕方ころには帰宅でき、曜日は希望通りといかなくとも週休二日でお休みを採れるところが多くあります。しかし、現実にはそうスムーズに部署の希望が通るわけではありません。記者として採用された多くの新人は、1年目には田舎といわれるような場所が勤務地となり、そこで警察署を担当することになるものです。警察署を担当するということは、例え新聞社の東京本社であってもいわゆる夜討ち朝駆けと呼ばれる日々が待っています。夜討ち朝駆けとは、夜遅い時間や出勤前の早朝などに警察署の取材先担当者宅を訪れることで、勤務中ではないことからより真実に近い話しを聞き出せるといわれているものです。精神的にも肉体的にも非常にハードな日々が続くことになり、入社早々、十分な自己管理が求められるともいえます。

このように、時間外労働に当たる勤務や突然の休日出勤など、生活や休みが不規則になってしまうのは記者という職業上ある程度は致し方ないと言わざるをえません。しかし、そうはいっても法律の改正や世間の風潮の変化などを背景に、通常の休みの他、産休なども昔に比べればはるかに取りやすくなっているといえます。部下が休みの希望を出しても取ることができないなどということがあれば、昨今では支局長や部長が懲戒の対象になる会社も多いのです。また、地方での勤務をこなして記者としての経験が十分な備わった頃には、適正や希望に沿った部署への移転も考えられます。記者も他の職業と同様に、ある程度下積みを経験した後に、いよいよ自分のやりたい仕事が見えてくるといえるのかもしれません。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.