学歴不問の記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 学歴不問の記者求人

学歴不問の記者求人

  新聞社の求人でも最近では学歴不問としている会社も多く、実際に短大卒や専門学校卒が採用されているケースも見られます。しかし、記者ともなれば、採用試験の際に大卒以上を条件としているところが現実的にはほとんどといえるでしょう。一方、雑誌やwebサイトの編集に関わる編集ライターと呼ばれる仕事であれば学歴不問とする求人も多く見られます。会社によっては編集がメインになる場合もありますが、文章を書いたりページのレイアウトを考えたりと仕事内容は多岐に渡るケースが多く、写真やイラストなどの配置には、限られたスペースで読者の興味をいかに惹きつけられるかといったセンスの良さが求められる仕事です。

また、学歴不問とする求人には広告用原稿を作成するという仕事もあります。これは、文章の構成を考えオリジナリティにある言い回しにしてみたりと、読み手がわかりやすいように意識しながら情報を編集して記事をライティングしていくことから始まります。原稿の作成は入社後すぐに挑戦できる場合も多く、スムーズなライターデビューによりやりがいを感じるのも早いといえるでしょう。先輩のアドバイスを得ながら、実践を通して基礎から文章作りのノウハウを学べることも大きな特徴です。先輩とのやり取りでフィードバックを何度も繰り返すことで、次第に文章力もアップしていくのです。そのように苦労を重ねて自分の書いた原稿が広告になったものを目にすれば、さらなるモチベーションが生まれてくることでしょう。慣れてきた後には完全に一人で原稿を作成するようになり、やがては特別企画や一つのコンテンツといったサイト作成全般を任されるようになっていきます。

このような編集ライターという仕事の場合、学歴を問うというより仲間とともに企画を作り上げていくチームワークが大切になってくるといえるでしょう。そうはいっても、まずは文章を書くことが基本にあるので、書きたいという強い意欲を持っている人や本を読むことが好きな人、ブログに情報をアップすることを趣味にしている人などが採用されやすい傾向にあります。また、ゆくゆくは企画を立案していくことにもなるので、時代のニーズを敏感に察知できて尚且つアイディアを積極的に出せる人にも向いているといえるでしょう。新聞記者であれば自分の書く記事内容に社会的な公平性を保つことが求められますが、編集ライターであればより自分のアイディアを打ち出した記事を作成できることが魅力の仕事といえます。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.