激務でないの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 激務でないの記者求人

激務でないの記者求人

  記者は基本的に激務のイメージがありますが、本当なのでしょうか? あくまでも一般的なイメージだけの話で、意外にも中に入ってみると激務ではないという話も聞きます。 そこで今回は、激務ではない記者求人の有無を、現役や元記者の声を参考に考えてみたいと思います。

■激務か激務でないかは本人の働き方による
大まかな結論から言いますが、記者の仕事が激務であるか激務でないかは、意外にも本人の働き方によるみたいです。例えば新聞社の場合、文化部や生活部、教養部、科学部のような比較的忙しくない部署に回されるか、政治部などに回されるかの違いももちろんよるようですが、それ以上に本人の働き方によって激務にもなり激務にもならない仕事だといいます。

例えば政治部のような忙しい部署に所属していても、記者会見に足を運ばず他紙の知り合いにICレコーダーを渡して、その録音で記事を書くような記者も居るそうです。他社の記者と記事をすり合わせて、取材をしていない会見を記事にしてしまう記者も居るそうです。

要するに手を抜こうと思えばどこまでも手を抜ける仕事が記者なのです。手を抜いた結果として他社に抜かれたり特ダネを落としたりしても、最初から出世や名声を期待していなければ特に問題はないみたいです。 そう考えると記者の仕事が激務になるか激務にならないかは、本人の志ややる気、正義感、責任感次第になります。午前中は寝ていて昼ごろ出社し、適当に記事を書いて、その日の夕方に業務を終えるといった働き方も実際は可能なのです。

■そもそも激務にならない記者の仕事もある
また、本人の働き方だけでなく、仕事の内容そのものが激務にならないタイプのケースもあるようです。例えば、農業従事者の生活改善に関する記事を専門に作る業界紙がありますが、その手の会社では出勤時間も10時前後と遅めで、残業も一切なく18時に定時で帰社という就業体制みたいです。 その手の会社で記者になれば、全国紙の第一線で働いている記者とは全く違う、穏やかな毎日が待っています。同じ記者といっても、いろいろな働き方があるのですね。

以上、激務ではない記者求人についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 記者というと問答無用で激務という印象がありますが、実際は本人の働き方次第の部分が大きいようですね。 仕事も家庭も実人生も大事にしたいという人は、最初から激務ではない媒体で記者として働くといいのかもしれません。その手の求人は転職エージェントなどにも集まっているので、ぜひともチェックしてみてください。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.