残業が少ない記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ない記者求人

残業が少ない記者求人

  記者の仕事は残業が多いイメージがあります。例えば全国紙の新聞社に入社した新人は地方局に配属され、連日夜の10時、11時まで働かされると聞きますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は現役の記者や新聞社・通信社などの求人情報を参考に、残業が少ない記者求人についてまとめてみたいと思います。

■残業が少ない記者求人は、働き方やメディア次第
結論から先に言いますが、残業の少ない記者求人はあります。そもそも記者の仕事は、記者本人の働き方によって忙しさの度合いはかなり変わってくるといいます。

例えば全国紙の記者であっても、午前中はゆっくりとして、午後に仕事を開始し、事件も事故もなければ何らかの会見に出て、原稿をまとめて夕方には仕事を終えてしまうといった働き方も可能みたいです。

また、同じ全国紙の記者であっても、政治部に所属する記者と、教養部や生活部に所属する記者でも仕事の忙しさは違ってきます。 さらに言ってしまえば、同じ記者の仕事であっても、農業関連の業界紙などで書いている人の場合、取材先の農家が夜は休むので午後6時に毎日きっかりと仕事が終わるようなケースすらあります。 記者の残業があるかどうかは、本人の働き方、あるいはどういった部署、媒体に所属しているのかでも大きく変わってくるみたいですね。

■生活を重視したい場合は、事前に残業の有無を考える
では、最初から残業の発生しない記者の仕事を見付けるためにはどうすればいいのでしょうか? 間違いのない方法としては、『リクルートエージェント』など大手が運営する転職エージェントに登録をして、残業のない、あるいは少ない記者の仕事を紹介してもらうといいと思います。

その手のサービスを利用すれば、全国各地にある大小いろいろな記者の仕事を一覧で紹介してくれますし、その中から残業の少ない、あるいは全くない仕事を厳選して紹介してもらえます。非常に使えるサービスなので、チェックしてみるといいかもしれませんね。

以上、残業が少ない記者求人についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 繰り返しになりますが、残業のない記者求人は実際にあるようですね。 そうは言ってもやはり入社5年くらいは、特に大手のマスコミ企業に入った場合、仕事を覚える時間が必要なので残業は増えます。人生で何を重視するのかをじっくりと最初に考えるとミスマッチを防げそうですね。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.