アルバイトの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> アルバイトの記者求人

アルバイトの記者求人

  新聞社などのアルバイトの記者求人数は比較的多いといえるでしょう。しかし、記者は人気の高い職種なので求人数が多いからといって採用される率が高いとはいえません。また、仕事内容はアルバイトであっても精神的にも肉体的にも相当なタフさが求められることがあります。記事の中には、他社に先駆けたニュースを送り出すことが求められる場合もありますし、より確実な裏付けを得るために取材をしようと思えば時には深夜や早朝まで時間を要することとなります。また、記事を執筆する作業は、常に締切りに追われるというストレスにもさらされることになるからです。取材により必要な情報を的確に聞き出し、それを読みやすくわかりやすい文章に仕上げるとともに、ハードな業務に対応できる自己管理能力も持っていなければ継続することは難しいといえます。

記者という仕事のメインは、新聞や雑誌、インターネットのサイトなどに記事を書くことです。細かく分ければ、新聞社やプロダクションなどに所属する人を「記者」、特定の社に所属することなく依頼されて記事を書く人は「ライター」と呼んで区別しています。執筆する記事は非常に多岐にわたり、さまざまなジャンルのものを掛け持ちしながらこなす人もいれば、自分の得意とする分野に特化して執筆する人も多くいます。職業として考えるに当たって気になるのは収入ですが、記者の収入は人によってかなりのばらつきがあるといえるでしょう。その人にしか書けないような高い専門性を持っていたり、その記事によって発行部数が大きく伸びるような知名度を持つ人であれば当然収入は高くなりますし、仕事量によっても変わってきます。高い人であれば、数千万円という高額な年収を実現している場合もあるます。

数ある職業の中でも記者が人気を集めているのは、このようにやり方次第では高収入も望めるという点と無関係とはいえないでしょう。記者になるためには、文章が短くても多くの人が理解できるような内容に工夫したり、難しい専門用語を使うことなく物事を説明するという工夫ができることも必要です。また、公平な立場から記事を執筆することが求められるため、自分の個性を前に出すことは控えなくてはなりません。このことから、自分の個性のアピールを希望している人には向いていない職業といえるでしょう。比較的多い学生向けのアルバイト求人で新聞社に入り、実際の記者という職業を間近で見てから自分に向いているかどうかを判断するのも賢い選択です。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.