正社員の記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 正社員の記者求人

正社員の記者求人

  記者の求人は大きく分けて、契約社員と正規社員があります。契約社員の求人は基本的に正社員を補佐する役割の募集が多く、賞与や待遇、権限や仕事内容などの面で見ると、正社員とかなりの差があります。 そう考えると正社員として記者になりたいと思う人が多いと思いますが、正社員の記者求人は実際にどの程度あるのでしょうか? そこで今回は転職エージェントや各新聞社、出版社、テレビ局の求人情報などを参考に、正社員の記者求人についてまとめてみたいと思います。

■正社員の記者求人は普通にある
大前提の話として、正社員の記者求人はたくさんあり、新聞社、出版社、テレビ局、ウェブメディアなどから募集が出ています。

例えば新聞社であっても、全国紙から求人が出る場合もあれば、英字新聞から求人が出る場合もあります。もちろん地方紙やブロック紙、業界紙からも記者の求人は出ています。 雑誌を出している出版社からも記者求人は出ますし、テレビ局であっても、東京・大阪キー局、ローカル局、ケーブルテレビからも求人は出ています。海外のフリーペーパーやウェブメディア、『Bloomberg』のようなウェブ放送局からも募集が出ているので、経験者であればそれなりに選択肢はあるかと思います。

ただ、掃いて捨てるほど出ているわけではないので、それなりの競争倍率は覚悟しておかなければなりません。未経験だとさらに厳しさは増します。

■仕事を辞めてからではなく、仕事をしながら求職活動をする
ちなみに現役の記者で転職を考えている場合は、仕事を辞めてからではなく仕事をしながら求職活動をしてください。働いている途中で他社の記者職に応募すれば、スキルアップやステップアップをしたいという前向きな理由をアピールできます。

しかし一度記者職を辞めた上での応募となると、前職の会社を辞めさせられたと勘違いされかねません。社会人・会社人として不適格だと思われてしまう恐れもあります。 無職の状態での転職活動は精神衛生的にも良くないので、正社員の記者求人を探す記者経験者の方は、できれば在職中に仕事探しをしてください。

以上、正社員の記者求人についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 既卒・未経験で正社員の記者になりたい場合は厳しい現状がありますが、若さがあり、何かしら目に付く実力や実績、資格があれば、引っ掛かる可能性もあるみたいですね。 また、記者養成学校のような予備校に通いながら、未経験ながらも正社員の記者を目指すという手もありかと思います。いろいろな手があるかと思うので、頑張ってみてください。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.