転勤なしの記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 転勤なしの記者求人

転勤なしの記者求人

  記者の仕事はハードで、なかなかプライベートの時間や家族サービスをするための時間が取れないという面があります。また、大手の新聞社やテレビ局などでは、転勤が生じることもありますので、家庭と仕事の両立をするのに苦労するケースが多くなっています。こうしたことから、転勤なしという条件で記者求人を探す人が増えています。

転勤なしという記者求人にはいくつかの種類があります。地元ローカルでの活動を行っているメディアは、基本的に転勤が少なく、ずっと地元で働けるというメリットがあります。地方新聞紙やラジオ局などがその例です。もちろん、取材のためにいろいろなところに行く必要はありますが、あくまで取材旅行であり転勤が必要になるケースは少ないでしょう。とはいえ、地方新聞社の中にも、海外支局や東京支局などを設けているところがあり、場合によっては転勤が生じることもあります。そのため、地方ローカルのメディアだからと安心するのではなく、就職活動を行う際には、転勤がないかどうかをきちんと確認するようにしましょう。

また、大手のメディアでも転勤なしという条件で採用を行っていることもあります。地方スタッフとして同じエリアでの活動を続けるパターンで、地元で根を張って取材を行っていきます。やはり、地道な取材活動を行うためには、地元のことを良く知る記者が必要ですので、転勤を繰り返すのではなく、ずっと同じ場所で仕事を続ける人も求められるのです。こうした雇用形態の場合は、転勤がない分給料が少し低めになるなど、雇用条件に制限が加わるケースが多くなります。待遇に満足できるかどうかを事前に考えた上で、転職活動を行うようにしましょう。

さらに、転勤なしの記者求人として多いのが、インターネット関連のメディアです。比較的小規模の経営をしていることが多く、東京を始めとする大都市を本拠地として取材活動を行っています。通常のメディアとはそもそも取材方法が異なるため、転勤があまり必要ないというメリットがあります。新しいタイプのメディアで働きたいと考えているのであれば、こうした分野で仕事を探してみるのも良いでしょう。その分、今までの取材方法とは異なるため、新たにノウハウを勉強する必要が生じます。気分を一新して異なる分野にチャレンジしてみるのも良いでしょう。これからさらに伸びる分野でもありますので、自分の能力と資質をフルに発揮して、新しいことを行うことができるという楽しみを味わえます。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.