スポーツ関係記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> スポーツ関係記者求人

スポーツ関係記者求人

  野球やサッカー、ラグビーや相撲など個別の競技や、オリンピックやワールドカップなど大会の全てを記者席で観覧したり、ミックスゾーンで試合後のインタビューを試みたりするスポーツ記者です。 仮にそうしたスポーツ記者の仕事をしてみたい、その世界に転職してみたいと思った場合は、どうすればいいのでしょうか? 今回はスポーツ関係の記者求人に応募してみたい人に向けて、基礎的な情報をまとめてみたいと思います。

■スポーツ関係の記者求人はいろいろとある
大前提として覚えておきたいのですが、スポーツ関係の記者の求人はいろいろな場所から出ています。スポーツ新聞社はもちろんですが、一般の新聞にもスポーツ部や運動部という部署があるので、その部に所属する記者たちは毎日スポーツの取材を行っています。

また、『Number』のような雑誌を出している出版社勤務の記者も居ますし、最近ではYahoo!ニュースのスポーツコーナーに掲載されるスポーツ記事を書くようなウェブメディアの仕事もあります。もちろんテレビ局、ラジオ局の仕事もあります。 そう考えると活躍の場所はいろいろとあるので、チャンスはたくさんあると言えるかもしれません。

■間口を自分から狭めない
ちなみにスポーツ記者の求人に応募する際は、自分の好きなスポーツに間口を狭めない方がいいと言われています。例えばスポーツ新聞社の中途採用枠に応募した際に、 「自分はサッカーの仕事がしたい、それ以外はしたくない。それほどサッカーを愛しているのだ

という姿勢を見せてしまうと、会社の方はちょっと使いづらい人材だなという印象を受けてしまうといいます。 新聞社や雑誌社が扱うスポーツは、サッカーだけでなく野球もハンドボールも水球もバスケットボールも含まれています。もちろん専門領域を持っていた方が強いのですが、どのスポーツの担当に回されるかは分かりません。

自分の好きなスポーツに対する情熱を採用面接で語る場合があっても、他のスポーツを担当させられる可能性を頭に入れた上で、アピールの内容を考えてください。

■求人は転職エージェントなどでも見付かる
基本的に大手の新聞社や雑誌社から出るスポーツ記者の求人は、ホームページをチェックすれば分かります。一方で、同じスポーツ関連の記者の求人といっても、例えば競輪の専門誌など一般的には知名度の低い新聞社・雑誌社から募集が出ている場合もあります。

その手の求人は自力で探すのは困難なので、大手の転職エージェントなどを利用してみてください。登録も利用も無料なので、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』など大手の天賞エージェントを利用してみると間違いはありません。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.