女性が活躍する記者求人

記者求人TOP >> 条件別 >> 女性が活躍する記者求人

女性が活躍する記者求人

  記者というと男性の仕事と一部では考えられているようですが、実際はどうなのでしょうか? 日本では女性の社会進出が当たり前になってきましたし、政治家の周りで女性の記者が囲み取材を行っている姿を最近は見るようになりました。記者の世界にも女性がしっかりと進出しているイメージがありますが、実際はどうなのでしょう? そこで今回は、通信社の求人や現役の記者の声を参考に、女性が活躍する記者求人についてまとめてみたいと思います。

■女性が活躍する記者求人はたくさん
結論から先にいいますが、女性が活躍する記者求人はたくさんあります。基本的に新聞社も放送局もウェブメディアも出版社も求人の段階で男女に平等のチャンスを与えています。 待遇も何もかも男女で違いはないので、公平にチャンスがあると言えます。それでも現場で男性が多く見える理由は、そもそも記者を目指す女性が男性よりも少ないという理由があるようです。 また、新聞社や放送局の場合、文化部や生活部、教養部など一般の人の目に入りにくい部署を女性が希望しがちだから目立たないという理由もあるみたいです。

いずれにせよ、女性であるからといって記者になれない理由はありません。むしろ一般的に女性の方が文章は上手で、感性も優れているのでいい文章を書くと考えられているそうです。どんな記者求人であっても女性にはチャンスがあるので積極的に応募してみてください。

■求人はホームページか、転職エージェントで
では女性が活躍する、あるいは活躍できる記者求人はどうやって探せばいいのでしょうか? 大手の新聞社や放送局であれば、ホームページ上に新卒・中途の採用情報が出ます。その手の情報を丁寧にチェックして、チャンスをうかがってください。

逆に知名度の劣る業界紙や地方紙、通信社の関連会社の記者求人は、転職エージェントなどに多く集まっています。どれももちろん女性が活躍できる職場ばかりなので、チェックしてみてください。

以上、女性が活躍する記者求人についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 記者は男性が多いというイメージは、イメージだけなのかもしれませんね。 現在では女性にもチャンスが公平に開かれていますし、逆に女性の方が取材対象者に気に入られて、すぐに名前を覚えてもらえるといったアドバンテージもあるようです。女性の皆さん、ためらう必要はありません。積極的に応募してみてください。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2017 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.