雑誌社の記者求人

記者求人TOP >> 人気の職場 >> 雑誌社の記者求人

雑誌社の記者求人

  記者というと新聞記者のイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実際は週刊誌など雑誌の記事を書く記者も存在します。では、そういった雑誌の記者になるためには、どうすればいいのでしょうか? そこで今回は雑誌社の記事を書く記者や、雑誌を出版する出版社の求人情報を参考に、雑誌社の記者求人についてまとめてみたいと思います。

■出版社の記者・ライター募集に応募する
大前提の話として、雑誌を書く記者になりたい場合は、出版社の記者募集に応募する必要があります。それほど求人が豊富に出ているわけではありませんが、集英社や小学館などの大手出版社から始まって、フリーペーパー、地方限定の雑誌などを作っている小さな出版社に至るまで、いろいろな場所が記者を募集しています。

最近はウェブマガジンでも記者やライターを募集しているケースがあります。ウェブマガジンも出版社が運営する媒体もあれば、IT関連企業が運営する場合もあります。 求人は出版社やIT関連企業の公式サイトで出る場合がほとんどなので、欠かさずチェックしてください。ただ、外部の記者、外部のライターという扱いで、社員としての募集があるとは限りません。どうしても正社員という形で雑誌の記者になりたい場合は、新卒で出版社に入るか、中途採用募集の枠に応募する必要があります。

■求人は転職エージェントにも出る
では、小学館や集英社のような誰でも知っている出版社ではなく、社名も知らないような全国の小規模な雑誌社の求人は、どうやって探せばいいのでしょうか? 名前を知らなければ、各社のホームページでチェックしようと思っても難しいと思います。

その場合は、『リクルートエージェント』や『マイナビエージェント』、『type』などの大手の転職エージェントを使ってください。全国各地の出版社の記者・ライター求人が集まっています。 未経験から雑誌の記者、ライターを正社員採用で目指す場合は、全国にある小さな雑誌社の求人に応募するといいかもしれません。

以上、雑誌社・出版社の記者求人についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 記者という名称ではなく、ライターという名称も含めて仕事を探してみると、雑誌の仕事は引っ掛かってくるチャンスも多いみたいですね。 ちなみに未経験の中途採用となるとハードルは高いですが、何か圧倒的な一芸があれば引っ掛かる可能性も高くなります。未経験で中途採用を狙う人は、自分の中の武器をまず磨いてください。

記者の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2015-2018 記者求人ランキング【※記者に転職するならこのサイト!】 All Rights Reserved.